業界別Pマーク取得のコツ: 情報システム開発会社


個人情報を社員情報しか持っていない会社も多々あるようです。保護すべき個人情報が少ない場合は、無理な個人情報保護対策を行うことは社内の不満が高まる要因になりますので、なるべく緩やかなルールにしておくほうが良いでしょう。

顧客の事務所にて業務を行う社員の多い会社については、各社員へ個人情報保護に関する教育を定期的に行なう必要があります。

データで個人情報を大量に持っている場合、取扱いについては、徹底した対策を行うことが望まれます。特に、外出する際に持ち運ぶ際には、データの暗号化・パスワードの設定など、注意を徹底する必要があります。

個人に個人情報を取り扱う業務を委託している場合は、機密保持契約を交わす必要がありますので、1名ずつ確実に実施していただくことが重要です。

個人情報漏洩事件が多々起きている業界であり、個人情報の紛失は、直ちにマスコミに取り上げられる可能性があり、損失も大きくなる可能性がある。プライバシーマーク取得はもちろんのこと、個人情報がほぼ確実に守れる体制を作っておく必要があるといえます。

 

フリーダイアル
お問い合わせフォームへ